県内初!少林寺拳法8段合格 大仙市の藤谷さん「生涯現役」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
稽古で門下生の子どもたちに技を指導する藤谷さん=大仙市のサンクエスト大曲
稽古で門下生の子どもたちに技を指導する藤谷さん=大仙市のサンクエスト大曲

 秋田県大仙市で少林寺拳法を指導する藤谷弘志さん(65)=同市大曲西根=が、県内初の8段(正範士)に合格した。昨年12月に本山がある香川県多度津町で昇段審査に挑戦し、難関を突破した。藤谷さんは「まさか自分がと驚いたが、本当にうれしい」と喜びを口にした。

 藤谷さんは19歳の時、親族の結婚式で見た少林寺拳法のパフォーマンスに魅了され、当時の勤務先があった秋田市内の道場に通うようになった。技の多彩さだけでなく、修行を通じて社会に役立つ人づくりを目指すという理念にも心が引かれた。

 1980年に発足した大曲支部の初代支部長として園児から社会人まで幅広い年代を指導。2017年4月に支部長を退いた後も、週2回の稽古で後進の育成を続けている。

(全文 1026 文字 / 残り 709 文字)