ROAD TO 東京:カヌー・佐々木翼 ベテランに気負いなし

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
練習で力強くパドルをこぐ佐々木=仙北市角館町の玉川
練習で力強くパドルをこぐ佐々木=仙北市角館町の玉川

 仙北市角館町南部の大威徳橋上流の玉川。2月中旬の真冬の寒さの中、カヌー・スラローム男子カヤックシングル(K―1)で東京五輪出場を狙う佐々木翼(36)=鶴の湯温泉=は、素手で握ったパドルを黙々とこいでいた。

 角館高1年の時にナショナルチーム入りし、20年間メンバーに名前を連ね続ける。国内を転戦するジャパンカップで総合優勝14度。長く国内トップクラスの競技力を維持していながら、五輪には縁がない。

(全文 1005 文字 / 残り 807 文字)

同じキーワードのイベント情報