「全てを試合に懸けて」 佐竹知事がBB秋田の監督らを激励

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹知事にJ2昇格へ向けた決意を語った岩瀬社長(中央)ら
佐竹知事にJ2昇格へ向けた決意を語った岩瀬社長(中央)ら

 サッカーJ3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)の岩瀬浩介社長らが25日、秋田県庁を訪れ、31日午後1時から秋田市八橋陸上競技場で行われるホーム初戦を前に、佐竹敬久知事にJ2昇格に向けた決意を語った。開幕から低迷するチームに対し、佐竹知事は「試合が全て。全てをそこに懸けてほしい」とハッパを掛けた。

 訪問したのは岩瀬社長と間瀬秀一監督、小谷光毅主将の3人。BB秋田は開幕から3試合を終えて1分け2敗。順位は17位と苦しんでいる。

 間瀬監督は「開幕から3戦は結果を出せず申し訳なく思う。3戦から学んだことを生かし、ホームで勝利したい」と話した。

(全文 569 文字 / 残り 299 文字)