秋田港北防波堤、釣り場を試験開放 7~9月、採算性を検証

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
7月から北防波堤を有料で試験開放することを決めた検討会
7月から北防波堤を有料で試験開放することを決めた検討会

 秋田港の北防波堤(秋田市飯島)の釣り場開放に向けた検討会の第4回会合が26日、同市土崎港の県秋田港湾事務所で開かれ、2019年度は有料で試験開放することを決めた。20年春の本格開放を見据えて採算性を検証する。

 試験開放するのは、全長810メートルの北防波堤の全エリア。時期は7~9月の土曜日や日曜日の数日間で、時間は午前7時~午後4時。1日当たりの定員は100人(事前申し込みが必要)とする。公益財団法人日本釣振興会東北地区支部が運営する。

(全文 447 文字 / 残り 226 文字)