湯沢市、新元号をパブリックビューイング 1日11時15分

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1989年1月7日、元号「平成」を発表する小渕恵三官房長官=首相官邸
1989年1月7日、元号「平成」を発表する小渕恵三官房長官=首相官邸

 4月1日に秋田県湯沢市秋ノ宮出身の菅義偉官房長官による新元号発表のパブリックビューイング(PV)を開催する湯沢市は29日、会場の市役所1階市民ロビーの開場時間を、午前11時半から11時15分に前倒しすることにした。政府が発表時間を11時半ごろとしたため。

 政府は29日、新元号の選定手続きに関する検討会議(議長・菅義偉官房長官)を首相官邸で開いた。菅氏が記者会見で新元号を公表するのは4月1日午前11時半ごろにすると決めた。新元号の原案を示す有識者懇談会は午前9時半から始め、約2時間で決定、公表する。安倍晋三首相は正午ごろから会見し、談話を発表する。