アウトドア観光、誘客方法探る 男鹿市、DMO担当者ら議論

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男鹿のアウトドア観光について考えたセミナー
男鹿のアウトドア観光について考えたセミナー

 「男鹿版DMO(観光地域づくり推進法人)セミナー」が27日、秋田県男鹿市船川港船川のハートピアで開かれた。市民ら約40人が参加し、アウトドア観光の可能性について考えた。市観光協会DMO推進室とトラベルデザイン(秋田市)の主催。

 男鹿市では市観光協会が観光庁の日本版DMO候補法人に登録され、2018年度から取り組みが本格化した。初めに同推進室の海野真史さんが18年度事業を説明。雲昌寺(うんしょうじ)(同市北浦北浦)のアジサイシーズンの誘客、自転車イベント開催などを紹介した。

(全文 530 文字 / 残り 291 文字)