男鹿の珍味「棒アナゴ」、クロヌタウナギじゃなかった!

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
キタクロヌタウナギだったことが分かった棒アナゴ
キタクロヌタウナギだったことが分かった棒アナゴ

 秋田県男鹿の珍味「棒アナゴ」として親しまれる深海魚は「クロヌタウナギ」ではなく、同じヌタウナギ類の「キタクロヌタウナギ」だったことが、県立大や茨城大などの研究チームによって突き止められた。チームが31日付の国際科学誌「Asian Fisheries Science」電子版で発表した。

 本県で食用として流通している棒アナゴは長年、クロヌタウナギとされてきた。クロヌタウナギは1904年、太平洋側の静岡県熱海沖でアメリカ人研究者が初めて発見。日本海側の秋田沖や能代沖でも生息しているのが定説になっていた。

 だが、研究者の間で太平洋側と日本海側の個体では違いがあるとの声が上がるようになり、県立大の杉山秀樹客員教授(海洋科学)らが2014年夏から研究していた。

(全文 668 文字 / 残り 339 文字)