森吉山の四季、プロジェクションマッピングで 阿仁合駅

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
阿仁合駅2階にオープンした森吉山ウエルカムステーション。中央が森吉山のジオラマ
阿仁合駅2階にオープンした森吉山ウエルカムステーション。中央が森吉山のジオラマ

 秋田内陸線の阿仁合駅(秋田県北秋田市阿仁銀山)の2階に、森吉山観光の拠点スペース「森吉山ウエルカムステーション」が1日オープンした。プロジェクションマッピングなどの映像を中心に、内陸線利用客らに四季折々の魅力をPRする。

 運営する同市の秋田内陸縦貫鉄道が、2階会議室(約178平方メートル)を改修して整備した。総事業費は約9千万円。国の地方創生拠点整備交付金と市の補助金で全額賄った。

 スペースの中央には1・5メートル四方の森吉山の真っ白なジオラマが置かれ、四季の映像を映すプロジェクションマッピングを楽しむことができる。季節を選択するボタンがあり、春はイワカガミなどの高山植物、夏は「安の滝」などの滝、秋は紅葉、冬は樹氷などが映し出される。

(全文 756 文字 / 残り 434 文字)