秋田市女性、43年「やり切った」 免許センターの食堂閉店

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 「やり切りました」―。秋田市新屋の秋田県警運転免許センター内の食堂が、先月で43年の歴史に幕を下ろした。免許センターは4日、食堂を経営していた小西ミツヱさん(79)=同市新屋=に感謝状を贈った。

 食堂は1976年に開店。カレーライスやラーメン、うどんなど十数種類のメニューを提供。県外から取り寄せた「こだわり」(小西さん)の食材も使い、職員や来庁者の胃袋を支えてきた。近年は客足が減り、先月29日に閉店した。

(全文 310 文字 / 残り 105 文字)