高橋智史さん「カンボジアの願い伝える」 土門拳賞授賞式

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ブロンズ像を受け取る高橋さん
ブロンズ像を受け取る高橋さん

 「写真界の直木賞」と呼ばれる第38回土門拳賞(毎日新聞社主催)の授賞式が5日、東京都千代田区の如水会館で開かれた。写真集「RESISTANCE カンボジア 屈せざる人々の願い」(秋田魁新報社刊)で受賞したフォトジャーナリスト高橋智史さん(37)=秋田市出身、神奈川県鎌倉市=に表彰状とブロンズ像などが贈られた。

 受賞のあいさつに立った高橋さんは「不当な形で弱い立場に追いやられた人たちの願いを、何が何でも伝えるという志で、ファインダーを通じカンボジアを見詰め続けてきた。15年間の取材の集大成を古里秋田から出版し、今回受賞できたことで、人々の願いをさらに多くの人に伝えられる。支えていただいた全ての方に感謝したい」と語った。

(全文 668 文字 / 残り 355 文字)