大森山にパンダ、再び誘致へ 秋田市長「諦めていない」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大森山動物園(資料写真)
大森山動物園(資料写真)

 秋田市が2011年に実現を目指し、その後立ち消えになっていた大森山動物園へのジャイアントパンダ誘致について、穂積志市長は5日の定例会見で「諦めていない」と述べ、再び誘致を目指して活動する考えを示した。

 パンダ誘致を巡っては、11年8月に同市の市民団体「大森山動物園応援会」がパンダ誘致を求める要望書を提出したことをきっかけに、市が検討に着手。中国に調査団を派遣して誘致の可能性を探る予定だったが、同年12月に開かれた日中首脳会談で中国側が仙台市にパンダを貸与する意向を示したため派遣を取りやめた。

(全文 566 文字 / 残り 317 文字)

同じキーワードのイベント情報