森の中でリフレッシュ 三種町、新行員がクアオルト体験

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ガイドと大きな笑い声を上げる新入行員
ガイドと大きな笑い声を上げる新入行員

 自然環境と温泉を生かした健康保養地(クアオルト)づくりを進める秋田県三種町で4日、秋田銀行の新入行員67人がクアオルト健康ウオーキングを体験した。クアオルトを行員の健康づくりなどに活用しようと、町と秋田銀が今年1月に結んだ包括連携協定に基づく初めての取り組み。

 新入行員の健康意識向上を目的に、秋田銀が研修の一環として企画。新入行員はガイドの案内を受け、町ことおか中央公園内のコース約2・8キロを歩いた。

(全文 384 文字 / 残り 181 文字)