あきた平成から新時代へ:学力テスト全国トップ級 強みは「探究型授業」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「秋田に学べ。」のコピーがデザインされた大手学習塾の広告。2008年春、首都圏のJR車内に掲示された(県教育庁提供)
「秋田に学べ。」のコピーがデザインされた大手学習塾の広告。2008年春、首都圏のJR車内に掲示された(県教育庁提供)

 「秋田に学べ。」

 2008(平成20)年春、そんなキャッチコピーが首都圏のJR車内に掲げられた。前年行われた「全国学力テスト」(学テ)で、秋田の小学6年生が全国トップの成績を収めたことにあやかろうと、大手学習塾が広告を打ったのだ。「学力日本一」の称号は、県勢を示す各種経済指標が低迷していた本県にとって、久しぶりの明るい話題となった。

 07年4月、学年全員対象の調査としては43年ぶりに行われた学テで、本県の小学6年は基礎知識を問うA問題、応用力をみるB問題ともに国語・算数それぞれで全国1位。中学3年も全て3位以内に入った。

(全文 1831 文字 / 残り 1567 文字)

この連載企画の記事一覧