県議選の期日前投票25・30% 全国最高、2ポイント上昇

お気に入りに登録

 県議選の投票率は52・87%で、前回2015年の56・12%を3・25ポイント下回り、過去最低を更新した。投票率の低下は1979年の選挙から11回連続。県全体の当日有権者数の半数近くを占めた秋田市は46・71%となり、現行の区割りとなった2007年以降で初めて50%を割り込んだ。

 県全体の男女別の投票率は男性53・46%、女性52・36%だった。
 各候補者は人口減少や産業振興への対策、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地の地上イージスへの対応などを巡り、主張を展開したが、投票率の低下に歯止めはかからなかった。

(全文 359 文字 / 残り 99 文字)