フェンシング全国高校選抜2冠の聖霊 教育長に優勝報告

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2冠を達成した聖霊の選手。前列左から桧山、酒井、安部、土佐、後列左から嶋田、佐藤、成田
2冠を達成した聖霊の選手。前列左から桧山、酒井、安部、土佐、後列左から嶋田、佐藤、成田

 フェンシングの全国高校選抜大会(3月22~24日・松山市)女子団体で、2年連続エペとフルーレの2冠に輝いた聖霊の選手が8日、秋田県教育庁を訪れ、米田進教育長に喜びを報告した。

 エペは3年連続の優勝。準決勝で鹿児島に競り勝ち、決勝は至学館(愛知)を7ポイント差で倒した。フルーレ決勝は埼玉栄に11ポイント差をつける快勝だった。サーブルは準々決勝で敗れ3冠は逃した。

(全文 394 文字 / 残り 212 文字)