五城目「朝市プラス」、ランイベントも開催 本年度1回目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ネパールやフィリピンの小物などを販売した国際教養大学の出店ブース
ネパールやフィリピンの小物などを販売した国際教養大学の出店ブース

 秋田県五城目町伝統の朝市を盛り上げようと実施されている「ごじょうめ朝市plus+(プラス)」の本年度1回目が7日、同町朝市通りで開かれた。地場の山菜店や、町内外の若者による雑貨店など多彩な68店が並んだ。時折、風雨が強まるあいにくの天候だったが、朝市に合わせて会場周辺でランニングを楽しむイベントも初開催され、多くの来場者でにぎわった。

 ランニングイベントは、秋田市の団体が主催する「グッドモーニングラン」の一環で実施された。町内外から20~30代を中心に約30人が参加。朝市通りを発着点に、馬場目川や雀館公園付近を回る約4キロのコースで汗を流した。

(全文 642 文字 / 残り 366 文字)