ハピネッツ、10日敵地でリーグ首位千葉戦

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
前節のSR渋谷戦で敗れた秋田の選手。連敗脱出に意地を見せてほしい=県立体育館
前節のSR渋谷戦で敗れた秋田の選手。連敗脱出に意地を見せてほしい=県立体育館

 プロバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区5位、リーグ総合15位の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は、10日午後7時5分から千葉市の千葉ポートアリーナで東地区首位の千葉と戦う。チームワーストの10連敗中で、残留プレーオフ(PO)に回る可能性がある。千葉には今季5戦全敗だが、PO回避に向け一矢を報いたい。

 千葉は47勝8敗で総合でもトップ。先月にチャンピオンシップ進出を決めて以降も勝ち星を積み重ね、安定感が光る。日本代表ガード富樫勇樹がゲームをつくり、パーカー、ダンカンらフォワード陣が高い得点力を見せる。今月3日の秋田との対戦では、終盤までリードを許したが最後は勝負強さを発揮して逆転勝ちするなど、どのような展開にも対応できる。

(全文 535 文字 / 残り 213 文字)