アニサキスで食中毒、羽後町の男性 原因はホッケの刺し身か

お気に入りに登録

 秋田県生活衛生課は9日、ホッケの刺し身を食べた羽後町の30代男性が、魚介類に寄生する「アニサキス」で食中毒を発症したと発表した。男性は既に回復している。県内でアニサキスによる食中毒の確認は今年初めて。

 同課によると、男性は7日夜、自分で釣ったホッケの刺し身を食べた。8日午前3時ごろに胃痛と吐き気を訴え、湯沢市の病院を受診、食中毒と診断された。

(全文 341 文字 / 残り 168 文字)