サクラ、一足早く見頃に 県庁駐車場、来庁者が花見【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
一足早く見頃を迎えた県庁中央駐車場のキンキマメザクラ
一足早く見頃を迎えた県庁中央駐車場のキンキマメザクラ

 秋田県庁本庁舎と地方総合庁舎の間の中央駐車場に植えられているキンキマメザクラが見頃を迎えている。11日は、通りかかった人たちが立ち止まり、一足早く花見を楽しんでいた。

 県財産活用課によると、県庁敷地内には20本ほど桜の木があるが、キンキマメザクラは1本のみ。3月20日ごろ咲き始め、今月に入っても寒い日が続いたため、花が長続きしているという。

(全文 352 文字 / 残り 180 文字)