園児ら元気に「火の用心」 由利本荘市で火災予防パレード

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
拍子木を打ちながら火災予防を呼び掛ける園児
拍子木を打ちながら火災予防を呼び掛ける園児

 秋田県由利本荘市の松ケ崎保育園(鈴木和枝園長)の園児による火災予防パレードが11日、同市松ケ崎地区で行われた。1歳児から年長までの園児19人が1列になって拍子木を打ち鳴らし、住民に「火の用心」などと呼び掛けた。

 春の火災予防運動期間(7日~13日)に合わせ、市消防団本荘分団第7部(三浦九十九部長)と同園が合同で毎年実施している。

(全文 330 文字 / 残り 164 文字)