ハピネッツ13、14日北海道戦 日本人選手の得点に期待

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
前節の千葉戦、ドリブルで切り込む秋田の白濱。日本人選手の奮起が必要だ=千葉市の千葉ポートアリーナ
前節の千葉戦、ドリブルで切り込む秋田の白濱。日本人選手の奮起が必要だ=千葉市の千葉ポートアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)東地区5位の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は13、14の両日ともに午後2時5分から、秋田市のCNAアリーナで同最下位の北海道と戦う。リーグ総合14位の滋賀、15位秋田、16位横浜のいずれか1チームがB1残留プレーオフ(PO)に回る展開となっており、秋田は下位の北海道に確実に連勝しておきたいところだ。

 北海道は18連敗中で2カ月間白星から遠ざかる。10勝46敗、総合も最下位でPOに回ることが決まっている。シーズン途中から元女子日本代表ヘッドコーチ(HC)の内海知秀氏(能代工高出身)が指揮を執るが、不振を打開できていない。フォワード・センターのトラソリーニ、元NBA選手でセンターのミュレンズのインサイドに強い外国人選手を、ガードの多嶋朝飛、松島良豪らが生かせるか。

(全文 597 文字 / 残り 240 文字)