ハピネッツ、北海道に辛勝 B1残留へマジック1【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
【秋田―北海道】第4クオーター、激しいマークに遭いながらもゴール下に切り込む白濱(右)=秋田市のCNAアリーナ
【秋田―北海道】第4クオーター、激しいマークに遭いながらもゴール下に切り込む白濱(右)=秋田市のCNAアリーナ

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)は13日、各地で9試合を行った。第35節第1日、東地区5位の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は、秋田市のCNAアリーナで同最下位の北海道と対戦。序盤はリードを許したが終盤に逆転し、79―66で勝った。連敗を11で止め、通算16勝41敗。地区、総合順位(18チーム中15位)は変わらない。残留プレーオフ(PO)争いをしている総合16位の横浜が富山に敗れたため、秋田が14日にCNAアリーナでの北海道戦で勝てばB1残留が決まる。残留POは下位4チームで行われることになっていたが、福岡がチームの資金繰りの問題を解消できず、来季はB1から降格することになった。今季のB1残留POは福岡を除く下位2チームで行われるため、総合15位までが残留となる。

秋田 79―66 北海道
  (14―22)
  (20―12)
  (18―16)
  (27―16)

(全文 663 文字 / 残り 273 文字)