地上イージス「配備反対」大町でも 柳町町内会が決議

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
地上イージスの配備反対を決議した柳町町内会の総会
地上イージスの配備反対を決議した柳町町内会の総会

 政府が秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備を目指す迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(地上イージス)を巡り、同市大町の柳町町内会が13日、本年度通常総会を開き、配備反対を決議した。昨年10月には豊岩地区振興会が地元の勝平地区に同調することを決め、配備撤回を求める請願の賛同者に加わっており、他地区でも配備反対の動きが出始めている。

 柳町町内会は大町4丁目の一部で、新屋演習場までは約4キロ。会員は26世帯。この日の総会には、委任状を含め22人が出席。役員が配備反対の理由として▽人口密集地帯のため警備・保安体制を構築するのが容易でない▽レーダーによる健康被害などが懸念される▽経済活動にマイナスの影響が大きい―などを挙げた。

(全文 655 文字 / 残り 339 文字)

地上イージスに関する連載企画です