移住夫婦が人気カフェを継ぐ 由利本荘・カトルセゾン

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
カトルセゾンの前に立つ村松さん夫婦
カトルセゾンの前に立つ村松さん夫婦

 後継者を探していた秋田県由利本荘市岩渕下のカフェ「カトルセゾン」が13日、愛知県岡崎市から移住してきた村松大地さん(31)、寛子さん(44)夫婦に引き継がれ、新たなスタートを切った。大地さんは「店の味や雰囲気、考え方を守り、居心地のいい店を目指したい」と語った。

 午前11時、開店を待ちわびていた客が次々と来店。30分ほどでほぼ満席になった。ランチメニューの「由利牛のオムライス」が人気を集め、村松さん夫婦は慌ただしく店内を駆け回った。

 村松さん夫婦は昨年6月、前オーナーの堀内憲二さん(69)が由利本荘市の協力で後継者を募集していることをインターネットで知って応募。堀内さんに熱意を買われて後継を託された。

(全文 567 文字 / 残り 262 文字)