何気ない行動で「みんなを幸せに」 三種町の2人と1団体を表彰

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐藤会長(右)から表彰状を受け取る受賞者
佐藤会長(右)から表彰状を受け取る受賞者

 秋田県三種町のまちづくりを考える住民団体「未来18(イチハチ)の会」(佐藤良廣会長)は14日、町内でボランティア活動などに取り組み、「みんなを幸せにしている」2個人1団体を表彰した。地道に活動を続ける住民をたたえ、地域活動を活発にしようと、2015年から毎年行っている。

 今年の受賞者は、近藤久規(ひさのり)さん(70)=鹿渡、小山内喜見男さん(68)=下岩川、大口婦人会(掘田キミ子会長)。同町森岳の山本公民館で表彰式が開かれ、佐藤会長が表彰状を手渡した。

(全文 732 文字 / 残り 502 文字)