大館市長選告示 新人と現職の一騎打ち

お気に入りに登録

 任期満了(4月30日)に伴う秋田県大館市長選が14日、告示され、新人で元女性誌編集長の麓(ふもと)幸子氏(57)、現職で再選を目指す福原淳嗣氏(51)=ともに無所属=が届け出た。この日は秋田市議選、大館市議選も告示され、統一地方選後半戦が幕を開けた。いずれも21日に投開票が行われる。

 大館市長選は2015年の前回同様、現職と新人の一騎打ちとなった。
 麓候補は、同市字水門前の選挙事務所近くの医院駐車場で第一声。「これまで培ってきた知見、実績、情報、人脈、全てを大館のために生かしたい」と述べた。現市政が人口減少などの課題を解決してきたのかと問い掛けた上で、「市民生活を守り、産業を振興させ、豊かで温かいまちをつくる」と訴えた。

(全文 626 文字 / 残り 311 文字)