人も動物もハッピー 大館の女性、柴犬600匹の写真集制作

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
柴犬「のん」(左)と「うの」。中央が写真集(普津澤さんのインスタグラムより)
柴犬「のん」(左)と「うの」。中央が写真集(普津澤さんのインスタグラムより)

 秋田県大館市川口の普津澤智穂子さん(56)=飲食店経営=が、柴犬の子犬のかわいらしい姿を収めた写真集「48(しば)puppy」を制作し、売り上げの全額48万円を動物保護団体「いぬ・ねこネットワーク秋田」に寄付した。写真集には、普津澤さんが写真共有アプリ「インスタグラム」で呼び掛けて国内外から応募があった約600匹を掲載した。

 普津澤さんは自身のペットの柴犬「のん」(雌・5歳)と「うの」(同・11カ月)の親子の写真をインスタグラムで発信しており、2匹になりきって書く文章や独創的な構図の写真などが注目を集めている。フォロワーは現在3万8千人。

(全文 833 文字 / 残り 560 文字)