秋田民謡全国大会、冨岡さん(大仙)が「唄・一般」制す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
唄・一般の部で優勝した冨岡さん
唄・一般の部で優勝した冨岡さん

 第10回秋田民謡全国大会が13、14の両日、秋田県大仙市協和市民センター和ピアで開かれた。8部門に県内外から160人、6団体が出場し、「唄・一般」の部は「本荘追分」を歌った会社員冨岡久美子さん(36)=大仙市太田町=が優勝した。県民謡協会(王藤正蔵理事長)の主催。

 冨岡さんは前回3位。昨年8月に由利本荘市で行われた本荘追分全国大会で優勝し、今大会に推薦出場した。悲願の優勝に「緊張したが、声の大きさを生かせた。本荘追分は小学生の頃から歌っている好きな歌。どんな大会でも優勝できると言えるほど安定して歌えるようになりたい」と話した。

(全文 668 文字 / 残り 401 文字)