市議選候補者に聞く[外旭川へのイオン出店]「認めるべき」が過半数

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
イオンタウンが見直した案で商業モールを開設するとした秋田市卸売市場。市街化区域に当たる
イオンタウンが見直した案で商業モールを開設するとした秋田市卸売市場。市街化区域に当たる

 流通大手イオンのグループ会社が、秋田市の外旭川地区に物販や農業、観光などを組み合わせた大型施設を出店する開発構想を明らかにして6年半になるが、いまだ市との協議には至っていない。開発エリアはほぼ農地で市街化調整区域に当たる。開発を進めるには、都市計画の変更や農用地区域の除外などが必要になる。構想が実現できるかどうかは、市のまちづくりの考え方次第となる。

 候補者46人に対する開発構想の問いは、「市は出店を認めるべき」と「出店は認められない」の2択で実施。選択肢に答えず、自身の意見を記した場合は「その他」とした。

(全文 927 文字 / 残り 670 文字)

連載企画:県都の進路は 秋田市議選候補者46人に聞く