新調ボートで船川港クルーズを 4月から土日祝日運航

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
遊覧船の運航を始めた近藤さん
遊覧船の運航を始めた近藤さん

 秋田県男鹿市船川港金川の近藤金修さん(68)が今月、所有するプレジャーボートを使った観光客向け遊覧船の運航を始めた。土日祝日に1日5回、男鹿マリーナ(同市船川港船川)を出発し、30~40分かけて船川港周辺を巡る。近藤さんは「海から見る景色を気軽に楽しんでほしい」と話す。

 遊覧船として運航しているのは乗客定員10人のプレジャーボート「澄海(すかい)」(4・5トン)。昨夏に新調したばかりで、男鹿マリーナに係留している。

 近藤さんは船川水産高校(現男鹿海洋高校)を卒業後、4年間船乗りとして世界各地で漁業に従事した。帰郷後は会社員の傍ら、20年前から船を所有。定年後も引き続き、釣りやクルージングを楽しんでいる。

(全文 725 文字 / 残り 419 文字)