きりたんぽ鍋を「缶詰」でどうぞ お土産、贈り物にぴったり

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
発案者の渡邊正子さん
発案者の渡邊正子さん

 秋田県大仙市協和船岡の「合貝食品」(渡邊恭悦代表)が、地元食材を使ったきりたんぽ鍋の缶詰を開発した。きりたんぽの形が崩れないよう試行錯誤を重ねた。きりたんぽ鍋の缶詰は珍しいといい、発案者で渡邊代表の妻正子さん(68)は「離れて暮らす家族への贈り物やお土産にしてほしい」とPRしている。

 缶詰は1人前。自家製あきたこまちで作ったきりたんぽが入っているほか、炭火焼きの比内地鶏や、マイタケ、ゴボウ、コンニャクなど定番具材がたっぷり。きりたんぽはもちもちで、具材にはスープがよく染み込んでいる。保存期間は約1年。道の駅協和やあきた県産品プラザ(秋田市)で、400グラム入り1080円(税込み)で販売している。

 同社はみその販売や缶詰加工、きりたんぽの製造・販売を手掛ける。少子高齢化などの影響で3~5人前のきりたんぽセットの注文が減る中、「1人用のセットが欲しい」との客の一言をきっかけに、昨秋開発を始めた。

(全文 793 文字 / 残り 391 文字)