がん患者や家族の支援、活動を紹介 能代、訪問看護師が講演

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋山さん(左)の話に耳を傾ける参加者
秋山さん(左)の話に耳を傾ける参加者

 がん患者や家族が不安や悩みを語り合う「がん患者と家族のリンクカフェ」が14日、秋田県能代市役所大会議室(旧議会議事堂)で開かれた。市内外の約100人が、不安や不自由を抱えた患者や家族を支える環境の大切さを学んだ。

 訪問看護師で、白十字訪問看護ステーション(東京)統括所長の秋山正子さん(68)=秋田市出身=が講演。がん患者と家族の相談支援などを進めるため2016年に東京・豊洲に開設したNPO法人・マギーズ東京での取り組みを紹介した。

(全文 537 文字 / 残り 319 文字)