一から教えて:紅茶の入れ方 新鮮な茶葉、量正確に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
カップ一つ一つに丁寧に紅茶を注ぐ伏見さん
カップ一つ一つに丁寧に紅茶を注ぐ伏見さん

 新年度が始まって2週間余り。進学や進級、異動などで慣れない環境に、そろそろ疲れが見えてきた人も多いだろう。

 春の異動で3年ぶりの本社勤務となった記者(30)もその一人。おいしい紅茶で一息つきたい-。日本紅茶協会認定のシニアティーインストラクター・伏見昌子さん(46)=秋田市牛島=が主宰する教室を訪ね、おいしく紅茶を入れるためのいろはを習った。

(全文 1305 文字 / 残り 1132 文字)

この連載企画の記事一覧