26年米球宴はフィラデルフィア 独立250年宣言の街、大リーグ

お気に入りに登録

 【ニューヨーク共同】米大リーグ機構(MLB)が16日、2026年のオールスター戦はフィリーズが本拠地を置くフィラデルフィアで開催すると発表した。同年は1776年の米国独立から250年で、フィラデルフィアでは独立宣言が採択されている。MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは「独立を祝う一部になれるのは光栄なこと。(フィラデルフィアでオールスター戦が開催された独立200年の)1976年に続く伝統を引き継ぐ」と声明を出した。

 今年のオールスター戦は7月9日にクリーブランドで行われる。来年はロサンゼルス開催が決まっている。