「令和」初の新聞、印刷見学しよう 30日深夜、参加者募集

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田魁新報社は元号が「平成」から「令和」に変わる5月1日付「秋田魁新報」の印刷見学会をさきがけ印刷センター(秋田市御所野堤台)で開く。令和になって初めての新聞が刷り上がる瞬間に立ち会える。

 4月30日午後10時45分に同センターに集合。5月1日午前0時すぎに輪転機が新聞を刷り上げていく様子を見学し、同1時に解散する。参加者には令和への思いなどをその場でスケッチブックに書いてもらい、写真を撮影。写真は2日付か3日付本紙で紹介する。

 県内在住者が対象。定員16組(1組4人まで)。未成年者には保護者が同伴する。参加者全員の住所、氏名、年齢のほか、代表者の携帯電話番号を明記。はがき、ファクス、メールのいずれかで申し込む。宛先は〒010―8601、秋田市山王臨海町1の1、秋田魁新報社営業局「記念見学会」係。ファクス018・863・1681。メールアドレスはkokoku-web@sakigake.jp

 はがきは4月24日必着。ファクス、メールは同日午後5時まで。応募者多数の場合は抽選を行う。問い合わせは秋田魁新報社営業局営業部TEL018・888・1862

同じキーワードのイベント情報