人生最終段階の医療、本人の意思尊重を 潟上市で健康講座

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
人生の最終段階の医療などについて医師が解説した講座
人生の最終段階の医療などについて医師が解説した講座

 病気の治療や予防などについて専門医が解説する「やさしい健康講座」の第1回目が17日、秋田県潟上市飯田川のトレイクかたがみで開かれた。小玉医院(同市)の小玉敏央院長が講師を務め、人生の最終段階の医療について「本人の意思に基づいて決められることが大切だ」と述べた。

 市内のお年寄りを中心に約200人が聴講。小玉さんは人生の最終段階の医療の決定手順について「(病状が進んでも)気管切開や胃ろうといった措置を取れば長生きできる場合はあるが、本人が望むかは別」と強調した。

(全文 521 文字 / 残り 289 文字)