市議選候補者に聞く[学校再編]「適正規模へ」過半数

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
今月10日に行われた上新城小の入学式。新入生はわずか1人だった。秋田市でも「複式学級」を構成する小学校が増えつつある
今月10日に行われた上新城小の入学式。新入生はわずか1人だった。秋田市でも「複式学級」を構成する小学校が増えつつある

 2040年までに秋田市の児童生徒数が約8200人減ると見込まれ、市教育委員会は市立小学校を現在の41校から14校減の27校、中学校を23校から7校減の16校とする基本方針をまとめた。今夏にも地域の代表者らで構成する協議会を立ち上げ、具体的な統廃合の検討に入る方針だ。

 今月10日、市立小学校で一斉に入学式が行われた。北部地域の上新城小の新入生はわずか1人。県内で新入生が1人の小学校は北秋田市の阿仁合小と2校のみで、秋田市も郊外を中心に少子化が加速しているといえる。西部、河辺などの地域では2学年が一緒のクラスで学ぶ「複式学級」の小学校が増えつつある。

(全文 971 文字 / 残り 694 文字)