駅のホームでカフェ始めます 由利鉄矢島駅、土日祝日営業

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オープンを前にリハーサルする社員たち
オープンを前にリハーサルする社員たち

 秋田県由利本荘市の由利高原鉄道(春田啓郎社長)は20日から、矢島駅のプラットホーム内に「由利鉄ホームカフェ」を開設し、地元コーヒー店や菓子店の商品を販売する。営業は土日祝日の午前9時半~午後2時。まずは3カ月間の試験オープンだが、好評なら11月半ばごろまで続けたい考えだ。

 18日にはホームの一角にテーブルや椅子を並べ、実際にカフェで対応する社員たちがコーヒーの入れ方や提供の仕方をリハーサル。松永豊総務課長は「風通しもいいし、オープンカフェにいるみたい。駅正面に出れば雄大な鳥海山を眺めることもできる。ホームカフェが癒やしの空間になればうれしい」と話した。

 提供するコーヒーは、同市出戸町の焙煎(ばいせん)コーヒー豆専門店「さい豆(とう)」がホームカフェのために用意したオリジナルの「おばこブレンド」。土曜日のみ同店で焼いたパンも販売する。

(全文 655 文字 / 残り 283 文字)

同じキーワードのイベント情報