ニュースの「つぼ」:男鹿半島沿岸のワカメ養殖

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県産養殖ワカメの出荷時期
県産養殖ワカメの出荷時期

 男鹿半島沿岸でのワカメ養殖が今期の収穫シーズンをほぼ終えた。県水産振興センター(男鹿市)と漁業者はここ数年、県産ワカメの出荷期間拡大を目指した取り組みを展開。従来より早く出荷する「早出しワカメ」や、遅い時期に収穫する県独自品種「秋田オリジナルワカメ」の生産を進め、消費者に県産ワカメの定着を図っている。

 本県の養殖ワカメは男鹿半島沿岸で9割以上を生産する。2017年の生産量は約189トンで、1万トンを超える岩手、宮城両県には遠く及ばない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1022 文字 / 残り 801 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース