遠い風近い風[宮田陽]令和の漫才協会

会員向け記事
お気に入りに登録

 新元号が発表された。漫才にとっては格好のつかみネタである。久々に日本中が注目した出来事に、早速多くの芸人がネタで使いだした。

 ある若手コンビは4月1日の昼、「令和」発表直後に舞台に上がることに。そしてまだそれを知らない人も多いであろう客席の前で「新元号が決まりました!」と紙を広げた。身を乗り出すお客さんたち。だが紙に書かれていたのは自分の芸名。あまりにも大胆なウソに、シーンと静まり返った。おそらく彼らは、新元号が発表されて新元号ネタで大ケガをした、日本で最初のコンビだったと思われる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1207 文字 / 残り 962 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース