かあちゃん笑店、2年目スタート 湯沢市、特技生かして出店

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自家製の漬物などが並ぶ「かあちゃん笑店」
自家製の漬物などが並ぶ「かあちゃん笑店」

 秋田県湯沢市小野地区の女性が昨年度から始めた販売交流会「かあちゃん笑店(しょうてん)」(高嶋江美子会長)が19日、同地区センターで2年目のスタートを切った。自家製の漬物や趣味で作ったバッグなどが販売されたほか、会員手作りの料理が食べられる交流コーナーが設けられ、多くの来場者を楽しませた。

 かあちゃん笑店は、地域の女性の特技を生かして地域活性化を図ろうと、高嶋会長(68)が発起人となり昨年4月から12月まで月1回のペースで開催してきた。

 本年度は18人の会員が所属し、昨年と同様12月まで月1回実施する。初回のこの日は、会員が野菜の栽培から加工までを手掛けた各種漬物や、塩蔵の山菜、布や毛糸で作ったバッグなどが並んだ。客に試食を勧めたり、小物の素材の説明をしたりして、コミュニケーションを図りつつ販売した。

(全文 666 文字 / 残り 311 文字)