つる製品、感触楽しんで 能代、21日まで14人が作品展示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ヤマブドウなどで編んだかごバッグなどが並ぶ作品展
ヤマブドウなどで編んだかごバッグなどが並ぶ作品展

 つる性植物で作ったかごバッグなどの作品展が、秋田県能代市上町の「夢工房咲く咲く」で開かれ、丁寧に編み込まれた手作り品約80点が並んでいる。あす21日まで。

 市内4グループの14人がヤマブドウやクルミ、アケビ、トウなどを使い、かごバッグのほか、花入れ、財布などを制作した。つるを乾燥させ、数日水に浸して柔らかくした後編み上げている。

(全文 293 文字 / 残り 127 文字)