白神に触ってみて 藤里町、21日まで都内で魅力PR

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
白神の魅力を発信した白神山地世界遺産センター活動協議会のブース
白神の魅力を発信した白神山地世界遺産センター活動協議会のブース

 地球環境を守る意識を広げるイベント「アースデイ東京2019」が20日、東京・代々木公園をメイン会場に開幕し、秋田県藤里町の白神山地世界遺産センター活動協議会が白神の魅力をPRした。21日まで。

 同協議会は、ブナの森にちなんだ物に触れて白神を体感してもらおうと、ブース前に三つの木箱を用意。中にはマイタケ、クマの毛皮、ブナの実が入っており、来場者は箱の中に恐る恐る手を差し込み、歓声を上げながら言い当てていた。

(全文 412 文字 / 残り 207 文字)