水稲の播種、手際良く 大潟村の農家で作業【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
手際良く行われた水稲の播種作業
手際良く行われた水稲の播種作業

 秋田県内は水稲の播種(はしゅ)の時季を迎えている。大潟村の農家桑原秀夫さん(68)方では20日、朝から家族ら5人が作業に精を出していた。

 播種作業は倉庫の中で行われた。桑原さんらは、専用機械を使って土が敷かれた苗箱に種もみをまき、さらに土をかぶせた。機械に種もみや土を補充したり、次々と送り出される苗箱をフォークリフトで移動させたりと、手際よく作業を進めた。

 この日は「ちほみのり」の種もみ約300キロをまいた。播種が終わった苗箱は敷地内の温室で3日ほど置いて育苗管理するという。

(全文 304 文字 / 残り 63 文字)