ヤクルト・石川好投 初白星ならずも18年連続勝利へ手応え

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中日戦に先発し、5回1失点のヤクルト・石川=ナゴヤドーム
中日戦に先発し、5回1失点のヤクルト・石川=ナゴヤドーム

 5回1失点で勝利投手の権利を持って降板したヤクルトの石川は救援が打たれ、今季初白星が消えた。内容には手応えがあったようで「こういう投球を粘り強く続けていけば勝ちにつながる」と語った。

 一回、ビシエドに適時二塁打を許した後は多彩な球種をテンポ良く投げ込み、追加点を許さなかった。六回に代打を送られて降板。入団から18年連続勝利を目指す39歳のベテラン左腕は「試合はつくれた」と前向きに話した。

(全文 300 文字 / 残り 104 文字)