原画収蔵の「蔵」人気 増田まんが美術館がプレオープン

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多彩な漫画原画をじっくりと見て回る市民
多彩な漫画原画をじっくりと見て回る市民

 改装工事のため2017年4月から休館していた秋田県横手市増田町の増田まんが美術館で20日、リニューアルオープン式典が行われた。式典後、市民向けにプレオープンし、訪れた家族連れらは、多彩な漫画原画が並ぶ館内をじっくりと見て回った。本オープンは来月1日。

 式典には、同館に原画を収蔵している漫画家や、行政、出版関係者ら約160人が出席。同市出身で同館名誉館長の矢口高雄さん(79)は、あいさつで「悲劇や恋愛模様、サスペンスなど多様なテーマ性を持ち、独自の面白さを生み出し発展してきたのが日本の漫画。今では世界の注目を集めている」と述べ、漫画文化の奥深さを強調した。

(全文 620 文字 / 残り 339 文字)