丹精込めたシラネアオイ鮮やか 遊学舎、21日まで展示

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
美しい花々が並ぶシラネアオイ展
美しい花々が並ぶシラネアオイ展

 秋田・葵(あおい)の会(草薙信雄会長)のシラネアオイ展示会が20日、秋田市上北手の遊学舎で始まった。市内の会員5人が丹精込めて育てた39点が並び、美しい花々が来場者を楽しませている。21日まで。

 いずれも会員が種から育てた自信作。淡い紫の花のほか、真っ白な花や、花びらの縁がフリル状になった花など多彩な作品がそろった。花の下に何枚も葉をつける「櫓(やぐら)咲(ざき)」、突然変異で花がラッパ状になった「筒(つつ)咲(ざき)」など珍しい作品も目を引いた。

(全文 444 文字 / 残り 217 文字)