時代を語る・千田宏二(13)交通事故で長期入院

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
足しげく通った県果樹試験場=昭和40年ごろ
足しげく通った県果樹試験場=昭和40年ごろ

 高品質で、より安全なリンゴを作るにはどんな防除が必要なんだろう。それを相談するため、平鹿町醍醐(現横手市平鹿町醍醐)にある県の果樹試験場にしょっちゅう通っていました。

 半助果樹共同防除組合が防除を始めた昭和41(1966)年の9月、試験場近くで、交通事故に遭いました。バイクで試験場に右折しようとしたら、後ろから来たトラックにはねられたんです。道路の左側から急にセンターラインに寄った俺が悪かったのだと思います。

(全文 755 文字 / 残り 548 文字)

この連載企画の記事一覧