トラック・ダンプ21台、賃上げ訴えデモ行進 秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
山王大通りをデモ行進するダンプとトラック
山王大通りをデモ行進するダンプとトラック

 秋田県内のトラックとダンプの運転手らが賃上げや労働条件の改善を訴える「トラック・ダンプデモ」が21日、秋田市中心部で行われ、トラック13台とダンプ8台が行進した。全日本建設交運一般労働組合県本部(石塚優執行委員長)の主催。

 「過積載をなくし交通の安全を」「ダンプ労働者の単価引き上げを」といった横断幕を張った車両が同市向浜の物揚げ場を午前10時半に出発。山王大通りやJR秋田駅前、広小路などを約1時間半かけて回った。

(全文 322 文字 / 残り 113 文字)