世界の技華麗、秋田市でラート大会【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
会場を沸かせた高橋選手の演技
会場を沸かせた高橋選手の演技

 2本の鉄製リングを平行につなげた器具を操るラートの第9回世界チームカップ(国際ラート連盟主催)が21日、秋田市の県立体育館で開かれた。大会は2年に1度開かれ、アジアでは初めて。日本代表には仙北市出身の高橋靖彦選手(33)=秋田ノーザンハピネッツ、秋田市出身の堀口文選手(29)=筑波大特任助教=がメンバーに名を連ね、それぞれ2種目に出場し、来場者約3千人を前に華麗な技を披露した。ドイツが優勝し、日本は準優勝だった。

 昨年の世界選手権団体戦の上位4カ国である日本、ドイツ、オランダ、スイスから代表各4人が出場

(全文 841 文字 / 残り 586 文字)